身体に必要な客観視と主観視

身体客観(頭の理解)とは、例えば走る動きを走ってる当事者の立場でなく、第三者の立場から述べた動作のこと。

走るときに自分で感じる感覚の事でない、誰にでも共通して理解できる性質。

 

身体主観 自分の感覚、自分独自のもので、誰にでも当てはまるものではない

動作感覚の答えは一つではない、自分で編み出すものこれが個性。

結果が出やすい人

客観と主観の両方へたえず動くことが大切。

スランプはどちらか片方にいることで起こる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です